本文へスキップ

医療法人 大仁会 木病院 名古屋市瑞穂区の内科、胃腸科、外科、整形外科の病院

ピロリ菌についてhelicobacter pylori

ピロリ菌について

ピロリ菌.

日本人のピロリ菌感染者はおよそ6,000万人と言われています。
ピロリ菌は特に50歳以上の人で感染している割合が高いとされています。
しかし衛生環境が整ったことによってピロリ菌に感染している割合は減少しており、若い世代では低くなっています 。
今後はますますピロリ菌に感染している人は減っていくと予想されています。

ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍との関係があります。

日本人のピロリ菌感染者はおよそ6,000万人と言われています。
ピロリ菌に感染すると胃に炎症を起こすことが確認されています。
胃・十二指腸潰瘍の患者さんでピロリ菌を検査すると約90%の患者さんがピロリ菌に感染していてピロリ菌が胃・十二指腸潰瘍の原因になっていることが分かっています。
ピロリ菌がいる場合には一度潰瘍の治療をしても1年後には60%以上の患者さんが再発してしまいます。
ピロリ菌を除菌することによって胃・十二指腸潰瘍の再発率は著しく低下することが認められています。

ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍の他にどのような悪さをするのか

日本人のピロリ菌感染者はおよそ6,000万人と言われています。
代表的なものとしては胃癌との関連性が指摘されています。
ピロリ菌に感染している人と感染していない人に対して10年間調査をおこなったところ、感染している人では2.9%に胃癌が発生したのに対し、感染していない人では胃癌が発生しなかったという研究報告があります。

現在保険適用でピロリ菌の除菌が可能なのは

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、早期胃癌に対する内視鏡的治療後、ヘリコバクターピロリ菌感染胃炎、胃MALTリンパ腫、
特発性血小板減少性紫斑病があります。

いずれも内視鏡検査による適切な診断、治療が望まれます。

検査案内に戻る